【道具】えんぴつ

えんぴつ

皆さんはえんぴつってなに使っていますか?
濃さによって使い分けてますか?

余談ですが、知り合いの大工さんは「なまり」があるため
『おれのペンスルどこいった?』
おかげでいつも現場が明るかったです

YOU
YOU

まだ現役ですよ!

  2B    B    HB    H    2H  
木材の墨付け×××
石膏ボード×××
コンクリート××××

BとHは芯の硬度を表しています
B=ブラック 黒が濃い
H=ハード 硬い

黒が濃い〜硬いになるとはなんか不思議ですが

 柔らかい素材  木材・石膏ボード・クロス・コンパネ など
 硬い素材  コンクリート・化粧板

柔らかい芯

[メリット]描きやすい
  →柔らかすぎてもダメ、木材や石膏ボードに使えることが前提で『HB』がオススメです

[デメリット]柔らかすぎて線が太くなる
  →柔らかい芯で硬いものに書くと、芯が負けて(削れて)太い線になり使い物になりません

硬い芯

[メリット]カリカリするほど硬く線が細くなる。書く面に負けない強さ
  →コンクリートに墨出しをするには、『2H』くらいの強さがないといい線はかけません

[デメリット]薄い
  →硬いので、木材などの柔らかい素材に使うと素材が負けます
   しかも薄くて見えません

2Hでコンクリートにちょうどよい濃さになります。
墨出しには『2H』です



墨出しの素材によって使い分けることをオススメします

えんぴつ削り

現場では職人さんはみんなカッターでえんぴつを削ります
ザクっザクっとワイルドに削っています

結構、先が太いんです
もちろん、みな器用ですから尖らせることは朝飯前です
ただ時間がもったいない。そんな理由でザックザクに削ります

YOU
YOU

余裕で2mmくらいの墨付けになります

太くてもよいときの隅ならいいのですが、2mmの外で切るか内で切るかで誤差1mmです

やっぱりえんぴつ削りで先を尖らせた方がいい墨が打てますよ
時間も短縮になります

YOU
YOU

急がば回れ ですね

YOU
YOU

私は100均のえんぴつ削りを愛用しています

上級者は電動えんぴつ削りを持ってきますw
電動えんぴつ削りはお高いので私には買えません・・・



道具入れにはぜひ『2H』と『HB』をストックしてください!




私の経験がみなさんの参考になればうれしいです。
建築現場が良い環境になることを願って!

コメント