【キホン】 バランスを整えるには、物体を3Dでイメージすること

空間を3Dで捉える

センター(中心)に合わせる、片側に寄せ集める、2分割よりも3分割
など図面のセオリーがあります

図面ばかり書いていると、セオリー通りに書いていれば間違いないと盲信してしまい
実物ができあがると「なんじゃこりゃ」「なぜ、そうなった」
ということが稀に起こります

✔︎作図でセオリーのセンター合わせはイメージ通りにならない事もある

空間認識-センター合わせ
サッシに対してセンター合わせ

この物件はサッシの上に軒があり、軒を看板として利用しました。

図面上(2D)はセンターに合っているので、いい感じの図面です。

✔︎立体(3D)でイメージしてみよう

空間認識-実際
サッシの上に軒がある

Aは、サッシのセンター(中心)に合わせた
Bは、軒である看板の幅に対して、センターに設置した

立体にするとサッシの存在よりも、看板に対しての位置のほうが気になるのが分かるでしょうか
サッシに対してセンターを取るよりも、看板の幅に対してセンター(中心)をとったほうがバランスが良いと思いませんか?

この場合、3Dにするとセンターを取るべきなのは看板です

✔︎2D図面ではイメージしづらい

経験があれば、どこをセンター(中心)に設定するか決めるのは容易かもしれません
でも、経験がなければどうしたらよいか

空間認識-立面図
展開図、立面図

Aは、サッシセンターとサインセンターを合わせてみた
Bは、サッシセンターからズレるが、看板のセンターに合わせた

YOU
YOU

図面上、Aのほうがいい感じ

✔︎ベテランでもアイソメを書いてイメージを確認している

ポイントになるのは軒がサッシから500mm前面にせり出していること

空間認識-側面図
側面図

2Dで判断できないのであれば、立体で考える

YOU
YOU

3Dです

空間認識-アイソメ
アイソメ図

500mmせり出している軒が前面に出ています。
サッシのセンター(中心)に合わせるよりも、軒に注目すべきなのがわかるでしょうか

立体で考えると、サッシと看板は同じ平面にはないのです
看板が前、その奥にサッシがある

私達人間の目にはサッシよりも、看板のほうが先に見えます。
図面ではサッシセンターに合わせていましたが、立体で考えると看板のセンターに合わせたほうがバランスが良く見えます。

立体で考えることはイメージを確認することでもあります。

✔︎ちょいズレの気持ち悪さ

空間認識-ちょいずれの気持ち悪さ

Bは、看板のセンター(中心)に合わせています
Aは、ちょいズレ

何となく違和感がある
え?間違えた? そんな声が聞こえてきます。

YOU
YOU

あれ?100mm間違えた?

ズラすなら、いっそのこと余白を楽しんだほうがマシです

空間認識-余白

中途半端なことはせず、ちょっとズレるならガツンとズラしてみてはいかがでしょう

図面を書いていると、どうしてもセンター(中心)に合わせる、片側に寄せ集める、2分割よりも3分割
いつものセオリーに引っ張られて作図してしまいがちです。

実際の現地を見ていれば、イメージすることも出来るかもしれません
やむなく図面だけで判断するしか無いとき

そんなときはアイソメを書くなり、頭のなかで立体イメージを作ってみましょう

空間認識-実際
サッシの上に軒がある

Aのちょいズレに違和感を感じませんか?

油断大敵です

図面(2D)を書いていても立体(3D)を意識することを忘れずに!

私の経験がみなさんの参考になればうれしいです。
建築現場が良い環境になることを願って!

関連記事

【図面のキホン】 図面の向き
施主さんと打合せをするときに平面図をクルクル回して入り口はどこだー と探すことがあります建築図書の配置図や案内図は北が上に来るように図面レイアウトを決める。という基本概念がありますが詳細な平面レイアウト図は見やすい方がいいと思いま...
【図面のキホン】 断面図って大事だね
図面のキホン図面を描くキホンは、対象を立体(3D)でイメージすることです。立体でイメージしたものを見たままに書き起こすこれが図面の基本作業となります対象物を上から見下ろした物=平面図地面に立たせて物を、正面から見た...

コメント